DMMモバイルの口コミと評判

DMMモバイルとTONE MOBILEはどちらがおすすめ?特徴を比較してみよう!

近年、「格安SIM」や「格安スマホ」といった言葉をたくさん聞くようになりました。たくさんあるブランドの中から何を選べばいいのか悩んでいる方も多いでしょう。

このページでは、「DMMモバイル (DMM mobile)」と「TONE MOBILE(トーンモバイル)」を比較、検討していきます!

「DMMモバイル」を運営する株式会社DMM.comは動画配信サービスや通信販売、FXなどで最近、耳馴染みのある企業です。

また、「TONE MOBILE株式会社」は、TSUTAYAやTポイントを運営する、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と資本・業務提携することで誕生した企業です。

このように、DMM.comやTSUTAYAは誰もが1度は聞いたことのある企業ですが、格安スマホとなると、自分にピッタリのブランドはどちらなのか、迷ってしまうものです。

今回はこの2つのブランドを比較してみました!

DMMモバイルとTONE MOBILEの料金を比較してみよう!

DMMモバイルとTONE MOBILEをはじめ、格安スマホと言えば、データ通信のみのプランと音声通話(電話)もできるプランの2パターンが用意されていることが一般的です。

データ通信のみの場合は、インターネットやアプリなどを利用することはできますが、一般的な携帯電話番号による通話をすることができません。そのため、現在、少しでも携帯電話による通話を行っている人は、音声通話対応のプランをオススメします!

一方で、携帯電話による通話を全く行わず、メールや音声通話アプリしか利用していない人は、料金が断然安い、データ通信専用プランをオススメします!

それでは、通話対応のプランとデータ通信のみのプラン、それぞれで、DMMモバイルとTONE MOBILEを比較していきます!

通話対応のプラン

DMMモバイル TONE MOBILE
1 GB 1,260円 なし
2 GB 1,380円
3 GB 1,500円
5 GB 1,910円
7 GB 2,560円
8 GB 2,680円
10 GB 2,890円
15 GB 3,980円
20 GB 4,680円

データ通信のみのプラン

DMMモバイル TONE MOBILE
1 GB 480円 一律、1,000円で容量無制限
2 GB 770円
3 GB 850円
5 GB 1,210円
7 GB 1,860円
8 GB 1,980円
10 GB 2,190円
15 GB 3,280円
20 GB 3,980円

表のとおり、DMMモバイルはデータ量に応じて、様々な価格帯を用意しているため、自分の生活に合わせて柔軟にプランを選ぶことができ、無駄な出費を防ぐことができます!

一方で、TONE MOBILEは音声対応プランとデータ通信の区別がなく、一律で1,000円となっているのが特徴です。

これだけを見ると一見、TONE MOBILEの方がお得に見えますが、TONE MOBILEのデータ通信は「500kbps – 600kbps」程度と最低限の速度しか出ないため、動画などをよく見る人は要注意です。

DMMモバイルの特徴とおすすめポイント

それでは、まず、DMMモバイルの特徴を見ていきましょう!

DMMモバイルは、容量を翌月に繰り越すことができます。そのため、1ヶ月で使い切ることのできなかったデータ通信料を翌月にプラスすることで、無駄なく消費することができます!

また、毎月のご利用金額の10%がDMMポイントとして還元されるため、DMMの他のサービスである、動画配信や通販、レンタルなどで使うことができます!

他にも、SIMカード単体で販売するサービスが少なくない中、DMMモバイルでは、端末とセットで購入することも可能なので、これを機にスマートフォンを使ってみたい!という人にもオススメです。

低速時でもバースト機能があるから快適に利用できる

DMMモバイルには、「バースト機能」と呼ばれる機能があります。

この「バースト機能」は、通常、データ容量を超過した場合に発生する低速状態を緩和するためのものです。

例えば、月々の制限容量をオーバーすることで、急にインターネットの閲覧や動画の視聴が遅くなり、ストレスに感じたことはないでしょうか?

これは、契約している容量の制限を超えたためであり、携帯会社がお情けで低速の通信を許してくれているのです。

DMMモバイルでも、他のサービスと同様に、料金プランに応じたデータ容量を超過すると低速通信となりますが、他のサービスと違い、最初の一定量は高速通信による読み込みを行います。

そのため、インターネットの閲覧が快適となり、低速通信に切り替わることによるストレスが低減します。

シェアコースが充実していて家族で使いやすい

DMMモバイルには、「シェアコース」と呼ばれる料金プランがあります。

この「シェアコース」は、その名の通り、家族でデータ量を共有することができるプランです。家族全員でDMMモバイに移行する場合、一人ひとりで契約するよりも、お得にデータ通信をすることができます。

また、DMMモバイルは個人の料金プランと同様に、シェアコースもデータ通信の容量を複数ある中から選ぶことができるので、使う容量に応じて細かく選ぶことができます。

毎月たくさん通信をする子供とあまりスマートフォンを触らない親御さんでまとめて契約することができるので便利です!

また、「シェアコース」は、家族だけでなく、友達ともデータ容量を共有することができるのが特徴です!

TONE MOBILEの特徴とおすすめポイント

次に、TONE MOBILEの特徴を見ていきましょう!

TONE MOBILEは、全国子ども会連合会に推奨されています。また、「TONEファミリー」と呼ばれる見守り機能はスマホサービスとしては初めて東京都に推奨されました。他にも、GPSやインストールできるアプリの制限など、子どもに持たせて安心な格安スマホとなっています!

また、TONE MOBILEは簡単に操作ができるように数種類のホーム画面が用意されており、子どもだけでなく、初めてスマートフォンを持つ人にもオススメです!

料金が1000円からとかなり安いため節約したい人におすすめ

「DMMモバイルとTONE MOBILEの料金を比較してみよう!」の項でもお伝えしたように、TONE MOBILEは、料金プランが1つ存在せず、「月額1,000円」となっています。

この1,000円のプランでは、データ通信容量は無制限ですが、携帯電話番号による通話はサポートされていません。(ただし、050番号によるIP電話を使用することはできます。)

また、データ容量無制限とはいえ、「500kbps – 600kbps」の通信速度のため、人によっては不満を感じる可能性があります。

一方で、1,000円の格安ながら、店頭サポートや電話によるサポート、スマホ教室などが何度でも無料で、安く、初めてスマートフォンを使いたいけど金額がネックという人には最適のサービスです!

通話料の面でも、TONE MOBILE同士は24時間通話無料のため、家族でTONEのスマホを持てば、家族間の通話は0円です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、DMMモバイルとTONE MOBILEを比較してみました!

 

家族でデータ共有がしたい方は、DMMモバイル、家族でよく通話する方は、TONE MOBILE がオススメです!

また、通信速度が遅くなることにストレスを感じる方は、DMMモバイル、通信速度よりも、格安を実感したい方は、TONE MOBILE がオススメです!

他にも、月々の支払いでたまるポイントが、DMMポイントかTポイントかを基準に選ぶのもいいでしょう。いずれの場合も、自分や家族がスマートフォンに何を重視するかを考えましょう。

格安スマホは安い反面、大手キャリア水準のサービスを求めるのは難しいです。自分や家族にとって一番、欠かせないポイントを考え、料金面以外も比較検討することをオススメします!