DMMモバイルの格安SIMについて

DMMモバイルは料金が安いのも魅力!基本料金や通話料について

最早私たちの生活になくてはならないものになったスマートフォンですが、工夫せずに使っていると本当に使用料金って高いですよね!

少しでも携帯料金を下げるため、格安SIMを検討されている方も多いと思います。

そんな格安SIM業者のなかでも、最安級の月額使用料で、近頃利用者からの評判も上々なDMMモバイルについてご存知でしょうか?

新しいオプションやプランなども順次リリースされていたりもしますので、定期的にご自身の通信料を確認して、最安のスマホを手に入れましょう!

DMMモバイルの料金プランはどんな感じなの?

DMMモバイルが安いということは聞いたことあるけれど、実際どんなプランがあって、何がお得なの?というところを具体的に説明したいと思います!

DMMモバイルには大きく分けて、SIMカード1枚で自分にあった通信容量を選ぶ「シングルコース」と複数のSIMカードで通信容量を分け合う「シェアコース」の二つがあります。

普段スマホ・タブレットをどのように使っているか、また家族構成や友人関係などシェアできる環境にあるか等で一番お得に使う方法は変わってきますので、よりコストを下げられるように最適なプランを見つけましょう!

(以下の記事に記載している価格は全て税抜き価格となります。)

DMMモバイルは一番安いライトプランが440円!

SIM1枚の「シングルコース」で最も安いプランは、月額440円で使い放題という破格の安さになっております。何とワンコインでおつりが来てしまいます!

ただし、こちらはライトプランという名前がついており、使い放題ではあるのですが、高速データ通信は使えず、最大通信速度200kbpsという低速通信限定になってしまいます。また、通話対応SIMではないので、音声電話は使用できません。

これだけを見ると、何か使いにくそう…とイメージされそうですが、実際は意外と快適に使用できるんです!

というのも、DMMモバイルにはバースト機能といいうものが付いており、低速通信であっても、ページ読み込みの最初の一定量のみ、高速通信で読み込んでくれるんです。これによって、メールやSNSページ、テキスト系のサイトなどは、かなりストレスなく読み込んでくれます。

当然、高画質動画の再生やアプリのダウンロードをするのには向きませんが、普段のウェブサイト閲覧であれば、慣れることができるレベルのスピードでしょう。

「家に固定回線のWi-Fiがあるので、出先でメールチェックする程度に格安SIMを使いたい」といった方にもピッタリのプランです!

20GBと大容量のデータ通信量が通話付きで4680円

今度はもっとも大きい容量を選択した場合のプランを見ていきましょう。

シングルコースの最大容量は20GBで、通話対応SIMプランであれば月額4,680円です。

平均的な容量と比べると明らかに多く、「何にそんな使うの?」と思われる方もいそうですが、ここではDMMモバイルのまた別の強みの一つであるテザリング対応(スマホをルーターとして使用し、パソコンやタブレットなどでWi-Fiインターネットを使うことができる)という機能が活きてきます。

これにより、DMMモバイルで20GBの最大容量で契約しておいて、ご家庭に引いている固定回線を解約してしまうという使い方も可能となります。

これは3日間の使用データ容量が一定量を超えると速度制限がかかるという縛りがある格安SIMではできないことなのですが、DMMモバイルにはいわゆるこの「3日制限」というものがありません。

つまり、この月間20GBの容量内であれば、いつでも自由に好きなだけ使うことができるということです。

かなり思い切った選択ですが、現状の固定回線+スマホ使用料が4,680円より安いという方はほぼ居ないのではないでしょうか。

このやり方を実現させれば、かなりの節約になるという方がほとんどでしょう。

ライトプランとは真逆のコスト削減方法ですが、よくよく考えればこういった使い方もありだと思います!

シェアプランの料金は1980円からでデータ通信量を分け合える

ご家族や友人と通信量を分けあえる「シェアコース」では、データ通信SIMで8GBを月額1,980円で使用できます。

シェアコースでは最大3枚までSIMカードをシェアすることができます。これは通話対応SIMとデータ通信SIMの組み合わせを自由に選べますので、シェアする方々の利用頻度に合わせて、最適なプランを選択しましょう!

注意点としては、利用料金の請求は一括になり、SIM毎の支払いはできません。

そのため、ご友人とシェアされる場合はどなたか一人が代表して支払いをすることになるので、気を付けましょう。

また、各SIM毎に高速データ通信量の設定は出来ないので、8GBを1GB・3GB・4GBのように分けて管理することができません。

それぞれご使用になられる方が通信量をチェックしながら、利用することとなります。

DMMモバイルの通話料は高い?安くするコツはある?

LINEなどの無料通話アプリも普及してきて、友人やご家族との会話はそちらで済ませているという方も多くなりました。

しかし、やはりビジネスシーンでの音声会話や飲食店などに連絡を取るときなど、まだまだ電話を使う場面も少なからずありますよね。

格安SIMはデータ通信に関わる料金は大手キャリアと比較して簡単に大きく抑えることが可能ですが、実は通常の音声電話料金に関しては大きな差がつかないことがほとんどです。

ですので、格安SIM業者が取り揃えているかけ放題プランや通話アプリなどを積極的に活用していくことが節約のコツとなります。

DMMモバイルでも、しっかりと工夫すれば、音声電話コストを下げられますので、ぜひ参考にしてください!

一般的な通話料は国内通話で30秒20円

DMMモバイルの通話料は国内通話で30秒ごとに20円ですから、1分で40円になります。多くの格安SIMと同じ価格ですね!

テレビ電話の場合、30秒ごとに36円、1分で72円となります。

音声通話対応SIMの場合はSMS(ショートメッセージサービス)がついておりますが、こちらは受信料が無料、送信料は文字数により1通3~30円となります。

残念ながら標準で留守番電話機能はついておりませんが、「スマート留守番サービス」が月額290円で利用可能です!これは留守電に残されたメッセージが文字になるという機能もついており、電車や会議中など、メッセージが聞けないときでもこのアプリで読んで確認することができます。

他の格安SIMと同様、DMMモバイルの通常の音声通話料は特別安くもなく、高くもなく標準といったところですね。

10分かけ放題プランなら月額850円!

かけ放題オプションを利用すれば、10分間までであれば何度かけても定額の850円で音声電話を使用できます。下で詳しく説明します、DMMトークというアプリを介して使うことになるので、何と10分を超えても通常価格の半額の10円/30秒になります!

従来は5分かけ放題だったのですが、2017年10月より、料金そのままに10分かけ放題へと変更されました。お仕事やご家族とのちょっとした連絡に、音声電話を使用しているという方は検討する価値は十分にあります。

ただし、下で説明するDMMトークというアプリを使用している場合で計算すると、860円の通話料は単純計算で43分間以上通話したときにようやく元を取れる数値になります。イメージだけで判断せずに、今現在みなさまが月々どのくらいの長さ通話しているかをよく考えて検討しましょう!

通話アプリ「DMMトーク」を使うと通話料が半額になる!

DMMトークという通話アプリを起動して電話をかけるだけで、通話料を半額の10円/30秒にすることができます。

仕組みとしては、090や080の番号の前に0037-692-というプレフィックス番号を付けて発信しています。(※受信する相手側には通常の番号が表示されています。)

アプリをダウンロードすると、電話帳のデータが自動的に同期されるので、一件一件登録し直す必要はないので、めんどくさい作業はありませんのでご安心ください!

「そんなに安いなら、音質や繋がりやすさは悪くなるんじゃないの?」と不安になられる方もいらっしゃるかと思いますが、使用している回線自体は通常の電話回線ですので、途切れや通話の質については一切気にしなくてもOKです。

さらに、なんと国際電話でも一律10円/30秒(非課税)ですので国際電話をよく利用される方は特にチェックされることをおススメします!

DMMモバイルのプラン変更はどうすれば良い?

ここまで、DMMモバイルの豊富な料金プランや、音声通話のオプションなど、たくさんの機能について紹介してきました。

ここでは、実際どのようにプラン変更の申し込みを行えばいいかについて説明します。

慣れていない方は戸惑われるかも知れませんが、DMMモバイルは実店舗を持っていないので、原則すべてのプラン変更やオプションの追加などはWEB上で完結させる必要があります。

そんなに難しいことはありませんので、安心してくださいね!

プラン変更はマイページから簡単

DMMモバイルを契約して、使い始めたのはいいものの、「思ったより容量が余ってしまうのでプランを変更したい」また、「オプションを利用した方がコストが下がりそうなので、申し込みしたい」といったことが出てくると思います。

DMMモバイルではプラン変更は全てWEB上で行います。DMMアカウントにログインした状態で、DMMモバイルマイページにアクセスすることで、各種申し込みや変更の登録が可能となります。

全て案内にしたがっていけば詰まるところも特にないかと思いますが、どうしてもわからなければDMMモバイル公式WEBサイトより、Q&Aやチャットで質問できるサービスなどが用意されていますので、ちゃんと申し込み出来たかどうかの確認をしたいときなど、積極的に利用するようにしましょう!

プラン変更にかかる変更手数料等は無料!

DMMモバイルでは、プラン変更に関わる「変更自体の手数料」は原則無料になります!

ただし、気を付けなければいけないポイントとしては、データ通信SIMから音声通話SIMへの変更や、シェアコースに変更するのに伴いSIMカードを発行しなければいけないなどの場合、別途SIMカード発行手数料がかかります。

また、DMMモバイルの通話対応SIMには「利用開始日を含む月の翌月から12カ月後の月末まで」を最低利用期間とする条件があります。

万が一、その期間中に①音声通話対応SIMからデータ通信SIMへの変更を行う②他社へのMNP転出を行う③解約する、といったことを行うと、解約手数料9,000円が発生致します。

自由自在に使用環境にプランを合わせていけるのが強みのDMMモバイルですが、上記のような条件になってしまうと思わぬ出費が発生する可能性があるので、気を付けてくださいね。

プラン変更を行うときはタイミングに注意

プラン変更自体はいつでも申し込み可能ですが、変更後のプランが反映される時期については少し注意が必要です。

毎月25日が締め日となっており、その月の24日までに申し込んだ場合は翌月の1日から変更が適用されますが、25日以降に申し込んだ場合、翌々月の1日から変更内容が適用されることとなります。

例えば4月1日から変更したいのであれば、3月24日までに申し込みを完了させておく必要があるということです。

そこまで急いでないのであれば気にしなくてもよいかと思いますが、変更することによって料金が下がったり、使いやすさが上がるといったことがあるのであれば、出来る限り早く変更された方がいいですよね!

したがって、変更を希望されている場合はなるべく余裕をもって、24日までに申し込むようにしましょう。

プラン変更の申請をキャンセルすることも可能

「プラン変更したいなと思って、申し込みをしたけど、よくよく考えてみるとやっぱり変えない方がよさそう!」、「いろいろ見ているうちに、さらに自分に合っていそうなプランが見つかった!」もしそんなことが起こっても、安心してください!一定期間、キャンセルは可能です。

多くの格安SIM他社が一度変更すると修正やキャンセルが出来なくなってしまうのですが、DMMモバイルであれば上に書いたような条件であれば、同じく24日までに再申し込みを行えばキャンセルすることができます。

多少のミスであれば、タイミングによっては全くロスなく変更することが出来ますので、積極的に新たなプランを探してみるのはいかがでしょうか。意外な発見があるかもしれませんよ!

まとめ

せっかく格安スマホに乗り換えるのであれば、当然ながら少しでも安く使いたいですよね。

DMMモバイルは格安SIM業界でも最安クラスの月額使用料で、かつ豊富な種類のプランがあるため、自分に一番あった容量をお財布に優しい料金で選ぶことができます。

プラン変更やオプションの追加などがスマホ・インターネット経由で手軽にできるので、実際の使用容量と契約内容を見比べてみて、さらに安くできないかを定期的に考え直すことが節約の近道かもしれませんね。

DMMモバイルは追加オプションや付属アプリなどがたくさん用意されているので、それらを組み合わせてフル活用すれば、ご家族分丸ごと節約できたり、ご家庭のインターネット環境全てを整理することが出来たり、色々な方法がとれるのが魅力の一つです。

ぜひともスマホ単体での利用料だけでなく、通信機器を包括して、検討してみてください!