DMMモバイルの口コミと評判

HUAWEI E5577はどんなルーター?特徴や使い心地をチェック!

皆さんはモバイルルーターというものをご存知でしょうか?

スマートフォンにもテザリングといって端末の電波を他の機器に繋いでネットを使えるようにする機能がありますが、モバイルルーターもそのようにタブレットや携帯ゲーム機、ノートパソコンといった機器と接続することでWi-Fi環境をどこでも使えるようになります。

今回は、DMMモバイルのHUAWEI E5577に興味をお持ちの方へ、本機の特徴や使い心地を紹介したいと思います。

DMMモバイルのHUAWEI E5577の特徴や仕様をみてみよう

格安スマホが普及する前はSIMカードが入っていないスマートフォンとキャリアのガラケーの2台持ちにモバイルルーターを携帯するというのが通信費を節約する一般的な方法でした。

最近では格安スマホという選択肢があるので2台持ち目的でモバイルルーターを購入する方は少なくなりましたが、外出先で携帯ゲーム機やノートパソコンをネットに繋ぐという目的ではモバイルルーターが秀でています。

DMMモバイルのHUAWEI E5577の特徴や仕様はどのような感じなのでしょうか?

DMMモバイルでは一括払いで9980円で購入可能!

DMMモバイルのHUAWEI E5577の特徴を一言でいえば、使う人を選ばないシンプルなデザイン・仕様に一括払いなら9980円、分割払いでも531円×24回というリーズナブルさを両立している点にあります。

モバイルルーター選びのポイントの一つにバッテリーがどれぐらい持つのかという点がありますが、DMMモバイルのHUAWEI E5577は最大約600時間の待受時間と約12時間の連続通信時間と充分な性能を備えています。

バッテリーの容量が小さいと頻繁に充電する必要があるという手間がかかりますし、外出中に万が一バッテリーが切れてしまうと自宅に戻るまでインターネットを使えないという不便な思いをすることになってしまいます。

コンパクトで持ち運びしやすいサイズ感が魅力のモバイルルーター

また、DMMモバイルのHUAWEI E5577は幅が約96.8×高さが約58×厚さが約17.3mmと持ち運びやすいコンパクトなサイズ感が魅力でもあります。

モバイルルーターを持ち運ぶ際にサイズが大きいとちょっとした外出でもカバンを持ち歩く必要があるのでちょっと面倒ですよね。

しかし、クレジットカードサイズのDMMモバイルのHUAWEI E5577ならポケットに入れて持ち運べるので余計な荷物になることがありません。専用のOTGケーブルを使えば他のデバイスへ給電できるのも嬉しい機能といえます。

外出先でスマートフォンを充電するのにモバイルバッテリーを持ち歩いている方も多くいらっしゃいますが、DMMモバイルのHUAWEI E5577なら一台でルーターとバッテリーの役割を果たしてくれるので一石二鳥です。

DMMモバイルのHUAWEI E5577のメリットや強みはどんなところ?

ここまでDMMモバイルのHUAWEI E5577の特徴や仕様について紹介しました。

モバイルバッテリーとして必要な機能はしっかりと抑えながらも他デバイスへの給電機能や専用アプリのHuawei HiLinkで写真の共有ができるなど付加価値を持って一括9880円というのは魅力的です。

そんなDMMモバイルのHUAWEI E5577のメリットや強みを活かすにはどんな使い方をする人がおすすめなのでしょうか?

バッテリーが長持ちなので1日中外で使いたい人にもおすすめ

本機の特色なのがとにかくバッテリーが長持ちするということです。

最大600時間の待受時間に約12時間の連続通信時間と長時間の使用に耐えられるバッテリーを搭載しているので普通に使う分には数日間は充電する必要がありません。

また、外出先でノートパソコン等を使って1日中作業するという方でもDMMモバイルのHUAWEI E5577なら仕事の途中でバッテリー切れを起こす心配もなく、ネットを長時間外で使いたい方には特におすすめです。

ノートパソコンでの作業が良い所なのに、モバイルルーターのバッテリーが切れて家に帰るまで仕事ができなくなる、という事態は何としてでも避けたいものです。

DMMモバイルのHUAWEI E5577ならそういったバッテリー切れの心配も少なくて済みます。

とにかくリーズナブル!費用を抑えながらインターネットを始めたい人に最適

また、DMMモバイルのHUAWEI E5577はDMMモバイルのSIMカードと組み合わせることでとにかくリーズナブルにインターネットを始めることができます。

格安スマホは通信費を抑えられることで有名ですが、一括9880円+DMMモバイルの通信費だけで外出先でインターネットができるだけでなく、家の中でにネットの設備がない方なら固定回線の代わりにすることも可能です。

通信速度や通信量の面で限度があるのですが、とりあえず費用を抑えながらインターネットを始めるには最適です。

モバイルルーターには、引越し先で固定回線が開通するまでの繋ぎとして契約するという使い方もあります。

DMMモバイルのHUAWEI E5577もそのように最初は自宅で使って、固定回線が開通したら外出先に持ち歩いて使うということもおすすめです。

◎HUAWEI E5577のデメリットや注意点はどんなところ?

ここまでDMMモバイルのHUAWEI E5577の特徴として、外出先や自宅でインターネットに繋ぐのに必要な機能をリーズナブルな価格で実現しているという面を紹介しました。

ただし、DMMモバイルのHUAWEI E5577にはデメリットや注意点もあります。これらのことを知らずに買ってしまうと損をしてしまう可能性もありますので、事前に知っておいて「こんなはずじゃなかったのに…」ということのないようにしましょう。

simカードのスロットが標準simであるため使うsimのサイズに要注意!

SIMカードにはnano-sim、micro-sim、標準simの3種類のサイズがありますが、最近のスマートフォンではnano-simやmicro-simが対応しているものが主流となっています。

一方、DMMモバイルのHUAWEI E5577は最近の機種では珍しい標準simが対応しているので既にDMMモバイルや他の格安スマホで契約しているsimカードを使いまわそうとしてもそのままでは装着できません。

ウェブ上で販売されている変換アダプタを使えばとりあえず動かすことはできますが、その際に不具合が発生してもサポート外になる可能性があるので要注意です。

MMモバイルのHUAWEI E5577はSIMカードのスロットにもある程度の余裕があるので、変換アダプタを使っても基本的には問題なく使えるでしょう。気になる方は、事前にDMMモバイルのサポートに連絡してみても良いかもしれません。

パスワードが他人に見えやすいためセキュリティ面が不安に感じる人も

DMMモバイルのHUAWEI E5577はモバイルルーターとしては大きめの1.45インチの表示が見やすいTFT液晶ディスプレイが採用されています。これは、ユーザーとしては使いやすくて評判も良いのですが、Wi-Fi接続の際に表示されるパスワードが他人に見えやすいというデメリットもあります。

他の人にパスワードを知られてしまうとSIMカードの通信量を勝手に消費されてしまう以外にもセキュリティ面の不安があります。外出先でDMMモバイルのHUAWEI E5577を使う際は周囲に人がいないか確認した上で使うことをおすすめします。

通信販売サイトなどでは液晶の画面が横から読み取りにくくなるシートが販売されていますので、気になる方はそういった製品の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

HUAWEI E5577の使い心地はどう?口コミやレビューをみてみよう

最後に、DMMモバイルのHUAWEI E5577の使い心地をウェブ上の口コミやレビューをもとに紹介したいと思います。

9880円と廉価な本機の実用性はどのぐらいのレベルなのでしょうか。ウェブではそれほど多くのレビューが投稿されているという訳ではないのですが、それでも実際のユーザーの声としてはおおむねDMMモバイルのHUAWEI E5577は使いやすいモバイルルーターという評価が多いようです。

今まで10台以上のモバイルルーターを使用したというユーザーもDMMモバイルのHUAWEI E5577が最も設定が簡単だったというレビューを投稿しています。

本体に主要な格安スマホ業者のデータが登録されているため、SIMカードを装着するだけでネットに接続できるようになるなど、初期設定が簡単というのは初めてモバイルルーターを使う方にとっては嬉しい仕様といえます。

バッテリーについても長時間ネットを使うことができる一方、他の機器への給電については3000mAhという容量では当てにするのは難しいという意見もありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、DMMモバイルのHUAWEI E5577の特徴や使い心地を販売サイトのスペック表やウェブ上のレビューをもとに紹介しました。

本機はリーズナブルでシンプルなため、モバイルルーターを初めて購入するという方にもおすすめです。最初にSIMカードを装着し、表示されるパスワードをスマホやノートパソコンに入力するだけで外出先でも自分だけのWi-Fi環境を使えるのがモバイルルーターを使う魅力といえます。