DMMモバイルの格安SIMについて

DMMモバイルでiPhoneは使える?通信速度や料金・設定方法をみてみよう

今回は、格安SIM「DMMモバイル」でiPhoneが使えるかどうか、通信速度や料金プランを参考に検証していきます。

DMMモバイルでは14種類のスマホを販売していますが、そのどれもがAndroid端末となっています。そのため、「DMMモバイルでiPhoneが使えるかどうか」は分かりにくいですよね?

auやドコモ、ソフトバンクなどでiPhoneを購入して、そのままDMMモバイルに乗り換えたい方は、これから紹介していく内容を参考にご検討してみてください!

DMMモバイルでもiPhoneを使えるの?

DMMモバイルでは、docomoやau、ソフトバンクなどの大手キャリアのように端末セット購入が可能です。扱っているのは合計14機種で、SIMフリー端末を中心に販売しています。

SIMフリー端末は、基本的にどんなSIMカードでも挿入するだけで端末が利用できる便利な機種で、キャリア店舗に持って行ってSIMロック解除を行う手間も要りません!

では、気になるiPhoneの取り扱いはあるのでしょうか?

ここからはDMMモバイルでiPhoneを利用する方法について詳しく解説していきましょう!

DMMモバイルではiPhoneの取り扱いはしていない

DMMモバイルでは残念ながらiPhoneの販売はしていません。DMMで購入できる端末は14機種で、全てAndroid仕様になっています。

ただし、DMMモバイルではiPhoneの取り扱いをしていないだけであって、完全に利用できないというわけではありません。DMMモバイル以外のところでiPhoneを入手すれば、Android端末と同じ様に利用することができます。

例えば、今まで使っていたauやドコモ、ソフトバンクなどでiPhoneを購入したり、中古ショップや専門店で買うこともできます。

では、DMMモバイルではどのようにiPhoneを使うことができるのでしょうか?

これまで使っていたiPhoneをDMMモバイルに持ち込んで契約することが可能

DMMモバイルでiPhoneを使う方法は、他社で購入した端末を持ちこんで契約することです。この方法なら、購入することなくDMMモバイルでもiPhoneを利用できます。

例えば、DMMモバイルに申し込む前はdocomoで契約しており、docomo店舗でiPhoneを購入した場合。docomoのiPhoneはSIMフリー状態となり、DMMモバイルのSIMカードを挿すだけで手軽に利用できます。

この理由はDMMモバイルがdocomoから回線を借りて運営していることにあります。docomo回線を使っていることで、DMMモバイルのSIMカードはdocomoのiPhoneと互換性があり、相性も良いのでそのまま使えるのです。

一方、auやソフトバンクで購入したiPhoneの場合、DMMモバイルに持ちこんで使用できますが一定の条件があります。それが「SIMロック解除」です。

auやソフトバンクのスマホは、docomo回線を利用しているDMMモバイルとは相性が悪く、購入したキャリア店舗にてSIMロックを外してもらう必要があります。SIMロック解除の条件は、購入から180日以上端末を使用していること。

そのため、買ったばかりのiPhoneはロック解除ができず、DMMモバイルに持ちこむこともできません。

SIMロックさえ外してしまえば、そのiPhoneは「SIMフリー」となるので、DMMモバイルのSIMカードを挿すだけで利用できるのです!

DMMモバイルでiPhoneを使ったら料金はどれくらい?

DMMモバイルでiPhoneを使うと月額料金はどれくらいになるのでしょうか?まずは、DMMモバイルの料金プランを紹介していきましょう!

【音声通話プラン】

  • ライトプラン(低速通信制限):1,140円
  • 1GBプラン:1,260円
  • 2GBプラン:1,380円
  • 3GBプラン:1,500円
  • 5GBプラン:1,910円
  • 7GBプラン:2,560円
  • 8GBプラン:2,680円
  • 10GBプラン:2,890円
  • 15GBプラン:4,300円
  • 20GBプラン:5,980円

【データ専用プラン】

  • ライトプラン(低速通信制限):440円
  • 1GBプラン:480円
  • 2GBプラン:920円
  • 3GBプラン:1,000円
  • 5GBプラン:1,360円
  • 7GBプラン:2,010円
  • 8GBプラン:2,130円
  • 10GBプラン:2,340円
  • 15GBプラン:3,750円
  • 20GBプラン:5,130円

上記はDMMモバイルの「シングルコース」と呼ばれ、1つの契約で1枚のSIMカードが契約できます。

DMMモバイルは幅広いプランの数が特徴で、最低1GBから最高20GBまでのデータ量を選ぶことができます。

データ通信simはライトプランが440円から利用できる

データ通信SIMは、インターネットが利用でき音声通話が利用できないプランです。通話はできない代わりに料金は非常に安く設定されています。

ライトプランの料金は、なんと月額440円!iPhoneを利用する場合でも使えるプランなので、ワンコインでお釣りがくる値段でスマホを使えます!

ライトプランは低料金でインターネットが使い放題という嬉しいサービスですが、通信速度は常に低速に制限されます。インターネットやストリーミング動画の読み込みに少し時間がかかるので、適度にスマホを楽しむライトユーザー向けです。

音声対応simはライトプランで1140円から利用できる

音声通話SIMは、インターネット通信に加えて音声通話機能も使えるプランです。

低速通信の代わりにインターネットが使い放題のライトプランは1,140円とリーズナブル!

「低速通信でも十分」という方であれば、ライトプランに申し込むことで大手キャリアの料金の8分の1ほどの価格でスマホを利用できます!

複数のスマホを契約したい場合はシェアコースが断然おすすめ

DMMモバイルには、上記で取り上げた「シングルコース」の他に、「シェアコース」も提供しています。

シェアコースの特徴は、1つの契約だけで最大3枚までのSIMカードを申し込めることです。使い方としては家族3人でまとめてDMMモバイルを利用すると大変お得!

料金プランは下記の通りです。

【データ通信SIM3枚プラン】

  • 8GB:1,980円
  • 10GB:2,190円
  • 15GB:3,280円
  • 20GB:3,980円

【音声通話SIM1枚+データ通信SIM2枚プラン】

  • 8GB:2,680円
  • 10GB:2,890円
  • 15GB:3,980円
  • 20GB:4,680円

【音声通話SIM2枚+データ通信SIM1枚プラン】

  • 8GB:3,380円
  • 10GB:3,590円
  • 15GB:4,680円
  • 20GB:5,380円

【音声通話SIM3枚プラン】

  • 8GB:4,080円
  • 10GB:4,290円
  • 15GB:5,380円
  • 20GB:6,080円

シェアコースでは契約したデータ量をSIMカードの枚数で分け合うことができます。例えば、10GBプランで契約した場合、5GB、3GB、2GBといった分け方ができるので、旦那様と奥様、お子様などで上手に利用することができるでしょう!

しかも、それぞれ単独で契約するよりもシェアコース一括申し込みの方が料金が安くなります。

上記の例だと合計10GB分をデータ通信プランで申し込んだ場合、「1,360円(5GB)+1,000円(3GB)+920円(2GB)=3,280円」の月額料金になります。一方、シェアコースではまとめて10GB分で2,190円なので、約1,000円もお得になるのです!

DMMモバイルでiPhoneを使うと通信速度はどれくらい?

DMMモバイルでせっかくiPhoneを使えても、速度が遅くて使いものにならなければ宝の持ち腐れですよね?

では、DMMモバイルの通信速度や品質はどれくらいのレベルなのか。ここから詳しく解説していきましょう!

DMMモバイルの通信速度は比較的早く安定性もある

DMMモバイルは、朝や夕方、夜の時間帯であれば安定した通信速度を維持します。実測値は平均して約5Mbpsとなっており、インターネットや動画を見るには問題ない速度です。

午前中の通勤途中や、夕方の帰宅時、夜に自宅でリラックスしている時間帯なら、画像の多いウェブサイトや、高画質動画のストリーミングなど難なく楽しむことができるでしょう。

ただ、12時から13時のお昼時は回線が混み合う事情で、通信速度が大幅に下がってしまいます。ウェブサイトを開いたり、動画の視聴もスムーズさに欠けるので、使用する時間帯に注意してください。

月額250円でSNSをカウントフリーにできるオプションもある

DMMモバイルでは、「SNSフリー」といって、対象SNSのデータ通信量がカウントフリーになるオプションがあります。対象SNSは下記の通りです。

    • LINE
    • Twitter
    • Facebook
    • Facebook Messenger
    • Instagram

普通なら、上記SNSを利用しているとどんどんデータ量が消費されていきますが、オプションに加入しておけば使い放題になります。

月額料金は250円で、申し込み開始月はなんと無料に!SNSをよく利用する方はぜひ!

低速モードになってもバースト転送で快適に使える

DMMモバイルでは契約したデータ量を使い切ってしまうことで自動的に低速モードに切り替わります。例えば、1GBプランに契約していた場合、インターネットや動画などをたくさん利用すると、すぐに1GB分のデータ量を使い切ってしまいます。

低速通信の速さは200kbpsに制限されるので、高速通信に比べて「ウェブサイトが表示されるのが遅い」、「動画を見ている最中に止まってしまう」ということがあります。そこで「バースト転送」機能が役立ちます!

バースト転送は、インターネットに繋がる最初のタイミングだけ高速通信と同じ速度を実現します。低速モード中にバースト転送が機能するため、「URLを入力した最初のウェブページ」は瞬間的に表示されるということです。

ネットサーフィンや複数の動画を視聴しない限りはバースト転送をうまく活用することで、低速通信時でもサクサクネットを利用できるでしょう!

DMMモバイルのiPhoneのAPN設定は難しい?

DMMモバイルでiPhoneを使うには、端末の初期設定として初めに「APN設定」を行う必要があります。APN設定を行うことで、DMMモバイルのSIMカードと通信回線が連動し、インターネットが利用できるようになります。

APN設定は手間も時間もかかりません!ファイルをダウンロードするだけで済みます!

具体的な方法については下記をご覧ください。

端末にsimカードを挿入して電源を入れる

iPhone端末にDMMモバイルのSIMカードを挿入しましょう。すると、今まで使っていたホーム画面からDMMモバイル専用のホーム画面に切り替わります。

APN構成プロファイルをダウンロードしてインストールする

iPhoneのAPN設定を行うにはWi-Fiルーターなど外部からの通信環境が必要です!

お手持ちのiPhoneはAPN設定を行うまでインターネットに接続できません。一方、APN設定を行うには、AppleやDMMモバイルの公式サイトにアクセスする必要があるので、一時的な別回線が必要となります。

別回線はモバイルルーターなどを持っていればそれを使いましょう。もしくは、2台目のスマホのテザリングを利用する、家族や友人などのテザリング回線を貸してもらうなどの方法も取れるでしょう。

もし上記の方法が取れない場合は公共機関の無線Wi-Fiを活用するのも良いですね!駅やコンビニ、カフェなど無償でWi-Fi通信を提供しているところがあります。APN設定はほんの数分で済むので、その時間だけ上記の方法をお試しください。

別回線でiPhoneがネットに繋がると、AppleかDMMモバイルの公式サイトにアクセスします。「APN構成をダウンロード」というページがありますので、そちらからファイルをインストールするだけです。

後は別回線を遮断しても、iPhone自体がDMMモバイルの回線に繋がります。いつでもインターネットにアクセスすることが可能です!

まとめ

DMMモバイルではiPhoneにも対応しているので、音声通話やネット接続はもちろん、アプリや動画、カメラなど、あらゆる機能を利用することができます。

DMMモバイルには「シングルコース」で20種類の基本プラン、そして「シェアコース」にも16種類のプランがあるので、ご自身の使い方に合わせて最適な料金プランを見つけてみましょう!