DMMモバイルの口コミと評判

DMMモバイルとBIGLOBEはどちらがおすすめ?比較してみよう!

格安スマホに乗り換えようとしている方の中で、少しご自身で調べられた方は、「何となくDMMモバイルとBIGLOBEモバイルって共通点多いなー。」と思った方もいるのではないでしょうか?

確かに両社とも格安スマホの中でも安価であることを売りにしていて、またどちらもdocomo回線を利用している点も共通しています。

そのため、電話や4GLTE回線の繋がりやすさに関してはほぼ差がないといえますので、それぞれのメリットを比較してみて自分にあった方をチョイスする必要があります!

二社の特徴を比較してみましたので、選べれる際の参考になればと思います。

DMMモバイルとBIGLOBEの料金はどちらが安い?

二社とも使い方に合わせて色々なプランを用意していますが、ここでは例として、大手キャリアのような080や090から始まる電話番号を使用した音声通話に対応しているプランの料金比較をしてみます。

具体的にはDMMモバイルは一枚のSIMを利用する個人向けの「シングルコース」の「音声通話対応SIMプラン」、BIGLOBEモバイルはSIMタイプやスマホを自由に選べる「セレクトプラン」の「音声通話SIM」を比較します!

どちらも大手キャリアと比較すると大幅なコスト削減が可能ですが、それぞれのプランによってどちらが優位かをみてみましょう。

DMMモバイルの音声通話SIMは20GB4680円!

DMMモバイルの「シングルコース」「音声通話対応SIMプラン」の料金表は以下です。

月間高速データ通信容量 通話対応SIMプラン

(ネット+音声電話+SMS)

ライトプラン 1,140円
1GB 1.260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 3,980円
20GB 4,680円

ライトプランとは高速通信が利用できないため、通信速度を気にせずとにかく安く使用したいという方向けのものです。(最大通信速度200kbpsです。)

特徴としては10GB以下の容量のプランが豊富で、自分の使用量に合わせた最適なプランを選ぶことで、支払う料金を抑えることが可能です。

毎月安定して8GB程度は使用する!という方は、後述するBIGLOBEモバイルでは12GBのプランしか選ぶことが出来ないので、こちらの方がコストメリットが出ますね!

同容量でもBIGLOBEモバイルよりも安価であることが一目瞭然だと思います。

BIGLOBEモバイルは音声通話つきで20GBで5200円!

対しまして、BIGLOBEモバイルの「セレクトプラン」「音声通話SIM」料金表は下記です。

月間高速データ通信容量 音声通話SIM

(ネット+音声電話+SMS)

1GB 1.400円
3GB 1,600円
6GB 2,150円
12GB 3,400円
20GB 5,200円
30GB 7,450円

ややプラン数がDMMモバイルと比較すると少なく、同容量で比較しても若干BIGLOBEモバイルの方が高いですね。(といっても、数百円のレベルなので誤差のようなものですが…。)

DMMモバイルとの比較において、BIGLOBEモバイルのメリットは、容量が最大30GBまで対応している点と12GBを選択できるという点でしょう。

両社ともに三日間で〇〇MB使用すると通信制限がかかるという縛りがないので、この最大容量30GBというのとテザリングに対応したスマホを上手く使えば、ご自宅に引いている固定回線をカバーできるとううやり方もありますので、コスト削減のチャンスとなります。

よって、30GBまで対応しているという点は、意外と大きなメリットといえます。

音声通話のオプションはどちらが優れている?

LINEなどの無料通話アプリが普及し、音声通話の必要性というのは少なくなりつつありますが、それでもやはりビジネスシーンや固定電話への受発信には、電話番号を用いた音声通話は必要不可欠です。

そんな音声通話をたくさん利用する人にとっては、いかに通話料金を抑えることができるかが、節約への近道なのは当然のことですよね!

二社ともに、お得に音声通話を使用できるオプションを用意しているので、比較しながらご紹介します。

BIGLOBEモバイルは2種類の通話オプションから選んでさらにお得に!

BIGLOBEモバイルでは上記の通話対応SIMプランにオプションを追加することで、お得に音声電話を使用することができます。

オプションは利用頻度に合わせて、

・月90分以上の利用でお得になる「BIGLOBEでんわ通話パック90」

・月10分以内の国内通話が何度でもOKな「BIGLOBEでんわ10分かけ放題」

の二種類があります。

料金はどちらも月額830円で利用できます。

「通話パック」はオプション利用なしの場合1,620円分の通話料金がかかるところを、実質半額にすることができ、「かけ放題」は短い時間を多くかける使い方をされている人にはメリットが大きくなるというシステムになっております。

さらに上記のそれぞれのオプションを少しライトにしたバージョンの

  • 月60分以上の利用でお得になる「通話パック60」
  • 月3分以内の国内電話が何度でもOKな「3分かけ放題」こちらであれば、月額600円で使用可能です!
  • というものもございます。

DMMモバイルは850円で10分かけ放題のオプション!

それに対してDMMモバイルではBIGLOBEモバイルの「かけ放題」と同じく、10分かけ放題オプションがあり、月額850円で利用することができます。

DMMモバイルにはBIGLOBEモバイルのような「通話パック」というものは存在せず、またライトバージョンのオプションもありません。

単純な価格比較でも20円という少しの差ですがBIGLOBEモバイルが安く、また選択肢の豊富さもBIGLOBEモバイルに軍配が上がります!

たくさん音声電話を使用されるという方や、DMMモバイルのかけ放題オプションではいまいちコストメリットがでないという方は、BIGLOBEモバイルを選んで適したオプションに加入するのがおすすめです。

ちなみに通常の音声通話料金は20円/30秒で、両社ともに同じ金額となっております。

DMMモバイルとBIGLOBEどちらの通信速度が速い?

格安スマホに乗り換えるにあたって、最も気になるのが、この「大手キャリアのように通信が安定するの?」という疑問ではないでしょうか?

実は、一口に通信速度といっても、時間帯や場所などの環境によって大きく左右されます。ですので、大手キャリアと比較すると格安スマホはやや通信速度が落ちる傾向にあることは確かですが、二社での比較となるとはっきりと断言することは難しいです。

よって、今回はインターネット上で見られるレビューや口コミをもとに比較しますが、実際にご使用になられる環境ではまた結果が違ってくる可能性がありますので、参考として考えていただければと思います!

どの時間帯もDMMモバイルのほうが若干通信速度が速い

どの格安SIM業者を使用していても、平日の昼間は回線を利用する人が集中し、通信速度がおそくなるという傾向があります。

一般的には、平日の12時前後<夕方~21時頃まで<それ以外の時間帯という風な順で、速度が上がっていきます。

それぞれの時間帯の下り測定例は

  • 正午12時頃0.8~1.5Mbps程度
  • 午後17時頃2.0~3.5Mbps程度
  • その他深夜等10~20Mbps程度両社とも取り立てて説明するほどの大きな差はないですが、測定数値をざっとみて平均してみたところ、傾向としてはDMMモバイルが若干速度が速いという意見が多いようです。
  • ただしこれは上でも言いましたように、あくまで測定例ですので、ご自身のご家庭がちゃんと電波が問題なく届く場所なのかどうかはよくよく確認しておくことをおススメします!
  • となっており、DMMモバイルおよびBIGLOBEは比較的早い部類に入り、格安SIMの中でおよそベスト5に入るか入らないか、というレベルでイメージ頂けるとちょうどいいです。

DMMモバイルには低速時のバースト転送機能がある

さらに、DMMモバイルは低速通信時でもバースト機能があるため、BIGLOBEよりもやや有利であるといえます。

バースト機能とは、低速状態であってもWEBページなどの読み込みの最初の数秒の一定量高速通信を行うことができるというもので、テキスト主体のWEBページであれば素早く表示することができます!

さすがにアプリのダウンロードやスマホゲームなどを快適に行うことは難しいですが、この機能は非常に大きく、みなさん一度は経験されてるであろうあの通信制限中の激しいストレスが大きく軽減されます。

ただしDMMモバイルでは低速通信に限り、3日間で366MB以上の通信を行うと速度制限されてしまうため、そこだけは注意が必要です。

このバースト機能に相当するものはBIGLOBEモバイルには残念ながらありませんので、DMMモバイルでのみ得られるメリットです!

まとめ

DMMモバイル及びBIGLOBEモバイルの比較をさまざまな点から行ってみました。

両社ともに格安スマホの中でも安価な使用料金を売りにしており、現在大手キャリアと契約されている状態からであれば、特に何も考えなくても大きくコストをカットすることができるのは間違いないでしょう!

しかし、そこからでもプランやオプションを上手く利用することで、さらに節約することも十分できるはずです。

DMMモバイルとBIGLOBEの比較であればそこまで大きな差にはならないケースも多いですが、それでもやはりどちらかにしかないプランやオプションは存在していることをご理解いただけたかと思います。

この機会に格安スマホへの乗り換えを実現されてみてはいかがでしょうか?

少しでも参考になりましたら幸いです!